インプラント

インプラント

一般に、歯科医療でインプラントといえば人工歯根を意味します。人工とはいえ、歯槽骨にしっかり固定されるところから「第2の永久歯」とも呼ばれています。

処置は、歯が抜けたところに金属の土台(人工歯根)を入れ、その上に被せものを取り付けて固定するもの。入れ歯を入れることができない方や、どうしても入れ歯に慣れない方、ものが食べにくい方、ブリッジなどで健康な歯を削るのが嫌という方などに向いています。

ITIインプラントの特徴

治療期間が短い
ITIインプラントはSLAという優れた表面構造を持ち、手術後最短6週間で歯肉が治癒します。その他のインプラントでは3~6ヶ月の治癒期間が必要となります。
歯槽骨に強固に結合する
SLAは歯槽骨との結合強度が大変強いので、丈夫で安定しています。
基本的に手術が1回で済む
1回法(1回の手術で終わる)に用いられる代表的なインプラントがITIです。患者様の負担が少なく、治療期間も短縮できます。なお、他のインプラントでは2回法が基本です(ただし、ITIであっても歯肉の形が重要な前歯部や骨移植が必要な場合などは2回法となります)。
歯を抜いてすぐ使える
ITIには歯を抜いた後の穴(抜歯窩)に合うように設計されたTEインプラントがあります。抜歯と同時、もしくは抜歯後早期(8週程度まで)に埋入できます。

症例

症例1

術前画像

施術前

術後画像

施術後

術前画像

施術前

術後画像

施術後

症例2

術前画像

施術前

術後画像

施術後

術前画像

施術前

術後画像

施術後

症例3

術前画像

施術前

術後画像

施術後

術前画像

施術前

術後画像

施術後